安定した生活を送りたい方は、不動産投資に目を付けよう

人気の投資方法

サブリース契約で手間のかからない資産投資

資産投資の行い方として近年注目を浴びているのが賃貸経営です。マンションやアパート等を手に入れて賃貸経営を行うことによって毎月の収入を得るとともに長期的に見れば大きな不動産を手に入れることが可能になるというメリットの大きな投資になるからです。 実際に賃貸経営を行う上では賃貸管理が大きな仕事となるため、それを本業としない場合には賃貸管理の委託を行うのが一般的です。近年流行の方法としてサブリース契約をして一切の賃貸管理業務を委託してしまうというものがあります。これによって実質上手間をかけずに資産投資が可能になるのです。 その管理にかかる手数料として、満室時の賃料の20%程度を管理会社の手に渡るのが一般的です。しかし、満室時の80%程度の賃料を空室の有無にかかわらず手に入れることができます。

予算計画や不動産管理が容易に

賃貸管理業務を委託してしまうことによるメリットはそういった仕事を担わなくてよくなるというだけではありません。サブリース契約をすることによって、管理会社にその不動産そのものを借り上げてもらうことになるため、その空室の有無等の経営状態に関係なく一定の賃料を受け取ることができます。このため、マンション等の購入した際のローンの返済計画が立てやすく、予算計画が行いやすいというメリットがあります。 また、管理会社側は空室が0に近い状態を維持しなければならないことから、長期的な視野をもって不動産を維持していくことを考えてくれます。リフォームの必要性が生じる可能性等についても早い段階から提案してくれるため、不動産管理について失念していても指摘してもらうこともできるのです。